しょせん言葉なんて数%!だから吃音でもコミュニケーション上手になれる!

こんにちは、元・吃音症で、現在は吃音克服に関する情報発信をしている、みっきーと申します。

今日はコミュニケーション上手になるための話をします。これはまだ吃音を克服してなくても、重要な考え方ですので必ず覚えておいてくださいね!

突然ですが、あなたはメラビアンの法則というものをご存知ですか?

コミュニケーションの講座なんかでもよく話されている話なのですが、人と人とが直接顔を合わせるフェイス・トゥー・フェイス・コミュニケーションには言語・声のトーン・ボディランゲージと三つの要素があることで、それぞれの要素がメッセージ伝達に占める割合は、言葉は7 %、声のトーンや口調は38 %、ボディーランゲージは55 %というものです。

そして、単に吃音でどもってしまったという事実は言葉の問題なので、所詮7%に過ぎないのです!なので、どもってしまっても、堂々とした口調で、自信に溢れたボディランゲージを発していれば、93%はカバーできるのです!

なので極端な話、”どんな言葉を使って話してるか”なんてことは、たいして重要では無いのです。そして、反対に言えば同じ言葉を使っても、どうやって言うかによって、全然伝わり方が違うのです!

ちょっと例を挙げて説明します。例えば、どんな場面でもいいのですが、あなたが初めて会った相手に「よろしくおねがいします」などと言っている場面を想像してみてください。

ちょっと考えてみて欲しいのですが、その時の「よろしくおねがいします」には、どんな気持ちを込めていますか?
殆どの人が「そんなこといちいち考えてないよ」って感じですよね?でも、無意識に何かしらの意味を込めて言っているはずなんですね。そして大抵の人は「よろしくおねがいします」に対して、たとえば「自分に対して良い印象を持ってくださいね」のような感じの意味を込めています。無意識に相手より下手に出て「お願いを」しているということです。

しかし、同じ「よろしくお願い致します」にも違う意味を込めるだけで、まったく別の印象を相手に与える事ができます。別の記事でも書きましたが、ここでも面接官のマインドセットを持ってください。それだけで相手に対して力強い印象を与えることができます。

相手に対してへりくだって「好印象を持ってくださいね、どうぞよろしくお願いしますね」という意味を込めたボディランゲージではなく、力強いボディランゲージで「よろしくおねがいします」と言う事で、面接官のような立ち位置をキープする事ができます。

ちょっと就職活動を想像してみて欲しいのですが、内定を貰った学生が採用してくれた人事担当者に対して言う「よろしくお願いします」と、人事担当者が学生に向かって言う「よろしくお願いします」では全然意味合いが違いますよね。この違いを理解してほしいのです。

あなたが「よろしくお願い致します」と誰かに言うときは、常に「俺の期待通りの活躍をしてくれよ」という位の気持ちでいてください。そして、自信に溢れた声で、堂々としたボディランゲージを発するようにしてください。

言葉なんてほとんど聞いてなくて、声のトーンとボディランゲージだけでコミュニケーションを取っていると思うくらいが丁度いいのです。

それではまた!

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:更新しました

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログを更新しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です