吃音克服のために!真の心の強さを手に入れる方法について!前編

こんにちは、元・吃音症で、現在は吃音克服に関する情報発信をしている、みっきーと申します。

このブログでは、ストレスフリーな人生を手に入れるために、セルフイメージを高めて自信を手に入れようと発信しています。そして、目指すべき方向性はライオンのリーダーのような強さであることを述べてきました。

ところで読者の方の中には、これまでの人生で吃音に悩まされていたせいで、コミュニケーションを避けてるようになってしまった人もいると思います。そして、消極的で心が弱くなってしまってないでしょうか?なにかとネガティブに考えてしまう癖はついていないでしょうか?

それらは全てあなたが吃音による嫌な思いを人一倍してきたからかも知れません

しかし、人一倍辛い体験をくぐり抜けてきたあなたは、実は強い人です。あんまり悩まずに生きてきて気が強い性格になった人よりも潜在的な強さがあります。だから自信を持ってください。

なので、あなたの心からネガティブを追い出し「心の強さを手に入れるテクニック」を紹介します。

確固たる自分の意見を持つ

一般的に日本人は消極的だと言われています。なので、確固たる自分の意見を持つように意識して、大多数の日本人よりも優位に立ちましょう!

ところで、自分の意見を言わない人というのは2つのパターンがあります。

① 自分の意見を持っていない人② 自分の意見を持っているが出せない人。

まず、①の場合は、自分の意見を持つ練習をしましょう。そうしないと、なんとなく流されてしまいます。身近なことや社会問題でも何でもよいので、意見が分かれたときに、「自分はこう思う!」という意見を必ず持つようにしましょう!

それが世間的に正解かどうかは関係ありません。まず、あなたの中で正解といえる意見を作りましょう!それがまず第1歩です。

②の場合は、「周りと意見が違っても良い」と思うようにしましょう。本当は自分の意見を出したいけど、少数派になりそうだから、意見を言わずに我慢してませんか?でも、それではモヤモヤが残るだけですよね?自分にとって間違っている意見の人が100人いても関係ありません。「わかってないやつが大勢いるな」くらいの気持ちでいましょう!

吃音症になる人は絶対に優れた感性を持っているので、まずは自分の意見を持ち、それを主張することを恐れないことから始めましょう。

まず自分が行動する

ライオンのリーダーのような存在を目指す上で、人をリードするのと、人にリードされるのでは、どちらが良いでしょうか?もちろん、前者ですよね?

やっぱり、自分で主体的に行動して人を引っ張る方がカッコ良いですよね。

しかし、これまで消極的だった人にとって、主体的に行動するのは難しいと思うかも知れません。しかし、それは大きな勘違いで、その方法を知らないだけです。

実は主体的に行動することは簡単です。自分の意見を人に説明できる理由を持つことです。

自分の意見を人に伝えるときに「なんとなくそう思ったから」ではなんか説得力がありませんよね?なので、自分で確固たる意見を持つことと同時に、なぜそう思ったかというのを自信を持って説明できるようにしましょう。

そうすれば、あなたは自信を持って主体的に行動できるようになりますし、人をリードできる存在になれます!

あえて空気を読まない

次は、自分の意見があって主体性を持っているのに、実行に移せない場合についてです。

吃音の人は、人一倍感受性が高いので、「察する能力」にすぐれていますよね。だからこそ、人の気持ちが分かって、遠慮してしまうことが多くありませんか?

つまり、空気を読みすぎてしまうんですね。

しかし、これではいけません。「空気なんて俺が作るんだ!」くらいの気持ちで充分です。周りの空気なんて関係なく、自分の信念に従いましょう。

更に言えば、吃音の人は「本当に空気が読めない鈍感な人」にはどう頑張ってもなれないので、「あえて空気を読まない」ということを心がけましょう。

例えば、職場で機嫌の悪い人がいると、なんとなく空気が悪くなりますよね?でも、あなたはそんなの気にしないのです。「いや、あんたが機嫌悪いかどうかなんて俺には関係ないよ」くらいの気持ちでいてください

常に評価する側になる

自分の意見に自信が持てない人は、人の評価を気にしている場合が多いです。”自分がこの意見をいうことで、こんな風に思われたら嫌だな”なんて思ってしまいがちですよね。

しかし、そんな人の意見に自分の意見を左右されるのはもうやめましょう!あなたの意見に対して、周りがどう思うかなんてどうでもいいじゃないですか。もちろん、フィードバックが欲しいときは、相手の意見に耳を傾けることは重要です。でも、”あなたのことをどう評価するか”なんてことは気にする必要がありません

そもそも、その相手はあなたを評価するほどの人なんでしょうか?むしろ、あなたがその相手を評価してください。自分の意見を聞いている相手が、その意見に付いて来られるのかどうかを逆に評価するのです。

そうするだけで、相手の反応も気にならなくなりますし、自分の意見を堂々と言えるようになりますよ!

考えてみてください。面接をするときに、応募者と面接官とどっちが優位に立っているでしょうか?もちろん、面接官ですよね。あなたは常に人を評価する面接官になるのです。面接官のマインドセットを忘れないでください!

まとめ

いかがでしょうか?これまで紹介したテクニックは自分のものするまで少し時間がかかると思いますが、少しずつ実践してみてください!まだまだ紹介し足りないですが長くなってしまったので、続きは次回の記事で書いていきます。

それではまた!

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:更新しました

ブロトピ:ブログ更新しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です