【必見!】吃音を克服してストレスフリーな人生を手に入れるための全体像

はじめまして、元・吃音症で、現在は吃音克服に関する情報発信をしている、みっきーと申します。

当ブログを訪問していただき、本当にありがとうございます!このブログをご覧いただいているということは、あなたも吃音に悩まされているお一人でしょうか?また、ご家族に吃音に苦しむ人がいて、なんとかしてあげたいという思いから、このブログにたどり着かれたのでしょうか?

私は、中学校時代から吃音に苦しめられていました…。自分の思うように話せないというのは、毎日が辛いことの連続ですよね。正直、私も人生を辞めたいと思うほど、吃音に悩まされていた時期がありました。

詳しくは管理人のプロフィールをご覧ください。

私は幸いにも、就職してから数年たった20代のころに吃音を克服することができました。それは、通院して先進的な治療を受けたわけでは無く、インターネット上で発信されている吃音克服メソッドに加え、コミュニケーション技術・セルフコントロール技術を学んだ結果です。

そこで、「世の中から吃音症で苦しむ人をひとりでも減らしたい!」という思いから、このブログを開設しました。このブログが、吃音に苦しむあなたの人生を、少しでもストレスフリーにするための助けになれれば幸いです。

今回の記事では、このブログの全体像を知っていただくために、どのような情報を発信しているか簡単にまとめてみました。

吃音の正体

あなたを苦しめる吃音と戦うには、まず敵を知ることからですね。この記事では、その正体と原因についてまとめてみました!

あなたを苦しめる吃音。そもそもの正体と原因を探る!

ここでは、吃音とは「あなたの心のストレスにより、言いたい言葉が出てこなくなってしまう(難発)症状」と定義しています。つまり、ストレスから解放されることが、吃音に勝つ方法ですね!

吃音を克服するとは?

一口に吃音を克服すると言っても、それが一体どういう状態なのかについて、まとめてみました!目指すべき方向性が定まらないと、克服に向けたアプローチが決まりませんよね。

吃音を克服するとは!?吃音克服とはどういう状態?

当ブログでは、吃音を克服するとは、どもったり・噛んだり・言葉に詰まったりすることが一切ない、アナウンサーのように上手に話す状態になることではなく、どもることに対して、心からどうでも良いと思っており、自信を持って話せる状態であると定義しています。

吃音克服の方法

吃音克服に向けてやるべきことをまとめたのが、次の記事です。「吃音とは関係なく、圧倒的な自己成長を遂げること」を吃音克服の方法として紹介しています。

吃音を克服する具体的な方法の全体像!病院に行く必要なし!?

そして、その為に身に着けるべき3つの能力について解説しています。

①セルフイメージ

これは、自信のある状態になるということです。なりたい自分を具体的にイメージすることで、人間はそれに向かって自然と努力するようになりますし、セルフイメージが高くなっていきます。そうすることで、吃音で悩んでいる段階から、吃音なんてレベルの低い悩みだと思えるようになります。

②コミュニケーション

これは、アナウンサーの様に上手に話す技術ではありません。例えば、メールだってLINEだったコミュニケーションですし、ボディランゲージもコミュニケーションです。そういったコミュニケーション能力全体を向上させることで、人から尊敬されるようになり、異性からモテるようになります。

③ストレスフリー

吃音の克服には、いつでもどこでも自分の平常心を保つことが重要ですが、それは技術によって身につけることが可能です。ストレスがかかることの多い日常の中で、様々なできごととどう向き合っていくのか、その対処法を学ぶことにより、あなたの人生からストレスが消えていきます。

当ブログでは、この3つの能力を伸ばすための方法をメインに日々情報発信をしています!

吃音と仕事

先ほどお話しした3つの能力により、あなたの日常生活でも仕事でも吃音の苦しみがどんどん無くなってきます。しかし、誰よりも人生をストレスフリーにする方法があります。それは、会社に頼ることなく、自らの力だけでお金を稼げることになることです。次の記事では、起業によりストレスから解放される方法について書いています。

吃音のストレスから解放される最善の方法とは・・・?

これまで、上手く話せないことで、仕事の電話が苦手だったり、上司に理不尽に怒られることがありましたよね?そんな世界から抜け出すには、やはり自分でビジネスを始めるのが一番です!

私も、”上手く話せること”に価値を置きすぎているサラリーマンの世界に嫌気がさしたので、いまでは自分でビジネスをしています。今はまだ副業レベルですが、いずれ専業になれるように頑張っています!

今後とも末永く、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です