吃音(どもり)のせいで仕事の電話が怖いし辛いし苦手?その真の理由とは?

こんにちは、元・吃音症で、現在は吃音克服に関する情報発信をしている、みっきーと申します。

吃音症の方にとって、最悪に苦手なシチュエーションは仕事の電話ではないでしょうか?自分のスマホで会話するのは何とか対応できても、職場での電話対応がホント無理!、という方も多いのではないでしょうか?吃音を持つ方にとって固定電話というのは、本当に忌むべき恐るべき機械ですよね…。

なぜ、吃音症の人は電話が苦手で怖いのでしょうか?やはり、声だけで伝えるツールだからですよね?。いざって時にジェスチャーも筆談もできませんし、また意識が声に集中してしまいますので、そのせいで緊張感が増しますよね?

実際、吃音の人じゃなくても電話では聞き逃したりすることもありますし、せっかくスラスラ話せても、「はい?」なんて聞き返されたりすると、絶望的な気持ちになりますよね。

私も仕事上で電話に苦しめられていましたし、どうしても電話対応ができないときは、「なぜ、人類はこんな余計な機会を発明してしまったんだろう!」、「こんな迷惑なツールは撲滅してしまえ!」なんて、過激なことを思っていました、笑。

しかし、吃音の人にとっては、電話というのはそれくらい嫌なものですよね。

恐怖を細分化しよう!

それでは、今回の記事ではそんな電話の恐怖について、書いていきます。

吃音のせいで電話に恐怖を抱いていると、あの着信音が鳴ると、心臓がバクバクしたり、ビクッとなってしまいますよね。私もかつてそうでしたから、気持ちはよく分かります。電話が鳴った時に、自分が取らなくていいように、「いま手が離せないです」というアピールを何度したことでしょう、笑。

でも、「電話が怖い」という事ですが、これって冷静に考えると不思議じゃないですか?

あの、小さい四角い箱の何が怖いんでしょうか?あんなもの、線を抜いてしまえば、ただのプラスチックの箱で、着信音も鳴りませんよね?

更に言えば、着信音が鳴ったからといって何なんでしょうか?受話器を取って、それをそのまま叩きつければ電話は切れて、静かになりますよね?

※すいません、ふざけている訳ではないんです。真の恐怖について探るために極端な例を出しました。

電話の恐怖というのは、正確に言えば次のような物ではないですか?

①電話を取ったが、何も言えなくなってしまい、かけてきた相手の電話を受けることができない。

②電話をかけたが、相手が出た途端に、何も言えなくなってしまい、イタズラ電話だと思われる。

③上の2つのシチュエーションを周りの職場の人に聞かれて、変な奴だと思われたり、上司に怒られたりする。

つまり、「電話が怖い」のではなく、上のようなシチュエーションが怖いんですよね?電話対応が上手くできないために、電話の相手や周囲の人に変な奴だと思われるのが真の恐怖なのですよね?

まずは、これを抑えておきましょう。

恐怖との付き合い方

それでは、そんな恐怖に打ち勝つにはどうすればよいのでしょうか?

もちろん、吃音を完全に克服して、落ち着いてスラスラ話せれば良いのですが、それが簡単に出来たら苦労しませんよね…。

やはり、ここでも大事なのは、「どもっても別に良い!と心から思えること」です。電話でどもったとしても、何が悪いんだ?というスタンスです。

ただ、お客様や問い合わせ先に迷惑をかけたり、同僚に変な奴だと思われて陰口を叩かれたり、上司から怒られたり不当に悪い評価をされるのは、どれも辛いですよね。

そこで、やはり可能な範囲で「吃音で電話が辛い」というのをカミングアウトするのが1番です!周りの人に、自分が電話でどもっているシチュエーションを聞かれても、全く問題ないという状況を作るだけで、気持ちが楽になると思いませんか?

それだけで、どもっても落ち込むことが少なくなりますし、不思議と電話対応が上手くいくようになりますよ!

でも、逃げてしまうのもあり

ただ、現実問題、吃音に対して理解のある会社ばかりではありませんし、嫌な上司もいることでしょう。私もかつて上司のパワハラに苦しんでいたことがありましたが、当時の上司に吃音で電話対応ができないことを話しても、馬鹿にされて終わるだけでしょう。

本当に辛くて限界であれば、いまの職場を辞めて転職するという手もあります!いまより電話対応が少ない仕事もきっとあるでしょう。

しかし、吃音のストレスから解放される最善の方法とは・・・?の記事でも紹介しましたが、世の中には「人と話さなくて良い仕事」は残念ながらありません。メールが普及したとはいえ、まだまだ電話を使う機会は多いですし、同僚や上司とのコミュニケーションは日々発生します。また、人との会話を避けて、技術系や工場の現場で働いたとしても、内線電話を使う機会や朝礼等で発言することからは逃れることができません。

やはり、完全に電話対応から逃れるには、自分でビジネスを始めるのが一番です!

現在の起業はインターネット中心ですので、電話をしたくなければする必要がありません。また、上司もいないので、しゃべることを強要する人もいなくなります。更に、自分の名前を言うのが苦手でしたら、工夫によってはニックネームで仕事することも可能です!このように、起業して自分でビジネスを始めることが、仕事上の吃音のストレスから逃れられる最善の方法だと思いませんか?

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です