吃音は体の異変を告げるサイン!?吃音=結果というのはどういうこと?

こんにちは、元・吃音症で、現在は吃音克服に関する情報発信をしている、みっきーと申します。

あなたを苦しめる吃音。そもそもの正体と原因を探る!の記事の中で

吃音とは「あなたの心のストレスが言葉に出てしまう症状」であると解説しましたが、この点について、”少しイメージし辛い”という意見を頂いたので、もう少し説明していきたいと思います。

心のストレスにより吃音という症状が現れるということは、

(原因)心のストレス→(結果)吃音・どもる

ということです。

これを分かりやすくするために、風邪で熱が出た時のことを想像してみてください。風邪で熱が出たときは、体の中にいるウイルスをやっつけようとして、戦っている結果、熱が出ているわけですよね?つまり

(原因)体の中でウイルスと戦う→(結果)熱が上がる

ということです。

もう一つ、肩こりが酷くて頭痛がしている時のことを想像してみてください。筋肉などが疲労して肩がこり、その結果頭痛が発生しているわけですよね?つまり

(原因)筋肉疲労などにより肩がこる→(結果)頭痛が発生

ということです。

それでは、①吃音②風邪③頭痛の3つを比べてみましょう。

  1. 吃音については一般的には話し方や呼吸法などの治療
  2. 風邪で高熱を出したときは、熱を下げる薬を飲む
  3. 肩こりで頭痛が発生したときは、頭痛を治める薬を飲む

こんな対策が一般的だと思いますが、

これらってよく考えると、結果にフォーカスしている対処法ですよね?

①吃音 ②風邪 ③頭痛
原因 心のストレス 体の中でウイルスと戦う 筋肉疲労などにより肩がこる
結果 吃音・どもる 熱が上がる 頭痛が発生
対策 話し方や呼吸法などの治療 熱を下げる薬を飲む 頭痛を治める薬を飲む

 

これらの対策法は一見正しいように思えますが、実は原因の解決にはなっていませんよね?

風邪で高熱が出たときに、薬で熱を下げたとしても、楽にはなるかもしれませんが、体の中のウイルスは消えませんよね?また、肩こりで頭痛が発生したときに、頭痛を治める薬を飲んでも、肩こりはなおりませんよね?

つまり、上の表の結果というのは、体の中の問題を知らせるサインだったのです!

そして、原因にフォーカスをした対処法を考えると、風邪の場合はウイルスをやっつけてくれる免疫力をアップさせるための休息と栄養補給ですし、肩こりが酷いときは肩をマッサージして筋肉をほぐすことです。こういった正しい方法により、問題の原因が取り除かれるのです。

①吃音 ②風邪 ③頭痛
原因 心のストレス 体の中でウイルスと戦う 筋肉疲労などにより肩がこる
結果(サイン) 吃音・どもる 熱が上がる 頭痛が発生
一時的な対策 話し方や呼吸法などの治療 熱を下げる薬を飲む 頭痛を治める薬を飲む
根本的な対策 ??? 十分な休息と栄養補給 肩をマッサージして筋肉をほぐす

それでは、吃音の場合の根本的な対策とはなんでしょうか?

それこそが、心のストレスにフォーカスした対策なのです。具体的な対策については吃音を克服する具体的な方法の全体像!病院に行く必要なし!?の記事に詳しく書きましたが、吃音はあくまで体の異変を知らせるサインであり、結果にすぎないということがお分かりいただけたと思います。

つまり、あなたの体のストレスを知らせてくれる、ある意味ありがたい?サインでもあるわけですね。なので、そのサインと戦うのではなくて、根本的な問題にフォーカスして克服していきましょう!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です