【第4話】絶好調の新入社員と吃音の再発

大学を卒業した私は、意気揚々と社会人デビューを果たします。採用を絞った年で、新入社員も少ない中、会社からの期待は大きかったと思います。私はそれに応えるようにがむしゃらに仕事に打ち込みました。

当時配属された部署は営業の部署であり、毎日終電まで取引先にお付き合いするような、絵にかいたような、それはそれは忙しい部署でした。しかし、会社内でも花形の部署でしたし、目まぐるしく働いたことが逆に良かったのか、当時は吃音に悩むことがほぼ無かったです。下手したら、自分が吃音で悩んでいた過去を忘れていたかもしれません。

しかし、そんな絶好調は長くは続きません。

仕事にも慣れてきた社会人2年目、私は仕事上でミスをしました。簡単に言えば、取引先へ納品する商品の種類を間違えてしまったのです。入社以来、ミスらしいミスをしたことが無かった私でしたが、その件で、取引先のお客様と直属の上司から大変なお叱りを頂きました。ミスをしたのは自分のせいなので、叱られるのはごもっともなのですが、その直属の上司から、私への個人攻撃が始まったのです。

「こいつは足し算もできないやつ」「こんなやつは俺の部下じゃない」「使えないやつ」ありとあらゆる罵詈雑言を日々浴びせられるようになったのです。

すっかり委縮してしまった私は、仕事に自信がなくなり、小さなミスを繰り返すようになってしまったのです。

そして、そんなある日、私に悲劇が訪れます。

私の会社では、年に1度、都内の大きなホテルを貸し切って、取引先も含めた全体会議を行っていました。若手社員だった私は、会場設営のお手伝いに駆り出されていたのですが、準備中に司会が立つ円台を見たときに、ふと「あそこに立って喋るのは緊張するんだろうな」と何気なく考えたのです。すると、不思議なことに、過去に吃音で恥をかいた記憶が一気にフラッシュバックしてしまったのです。気のせいだと自分に言い聞かせましたが、そこから私は再び上手く話せなくなってしまったのです。

それからの会社生活は地獄でした。

自分の名前すら上手く言えなくなってしまった私に営業の仕事が務まるわけもなく、営業成績が下がった私に対して、例の上司からの暴言が激しくなります。「何を言ってるか分からない」「ちゃんと喋れ」「やる気あるのか」などと暴言を浴びせられ、とても自分が上手く話せなくて悩んでる等と周りに話せる状況にはありませんでした。

結局、私は完全に心が折れてしまい、社会人3年目の冬に退職を決意します。

最終話【第5話】退職…からの吃音克服!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です